2014年09月11日

35日目今日は富山最後

富山へきたときに妹と飲みに行った小料理屋で隣になったおじさんが教えてくれた、おいしい鴨南そばのお店に。

行ってきました。



清水町の東京亭です。

東京亭は富山にはいくつもあるんですが、妹が言うにはどの店も個々の味を持っているそうです。

いや、うまかったです!

鴨がたっぷりはいってて甘辛い汁もうまいんですが、少しひらたいそばもすごく食べやすくて味がよくて弾力もありおいしかったです。

今日は地区センターに印鑑証明を取りにいったんですが、清水町の地区センターでは市民カードで印鑑証明がとれない。なんでもパソコンがなくて市役所とネットワークが結ばれてないそうです。

なんだとーーーーー!

立派な地区センターのくせに。

というか、市役所とネットワークがつながっているのはこのへんだと東部地区センターだけってのはどういうこと。

すべての地区センターをネットワークでつなげろよ、富山市!
「サマーウオーズ」で総合ネットワークOZの背景に使われてたくせに、なんてだらしなさだ。

なんのための市民カードだよ。
車を持たない高齢者に市役所まで行けというのか。

今日は雨が降ったり止んだりで、その合間をぬって自転車で清水町と東部と自宅を巡りました。

あと本屋にも行った。

佐原ミズさんの「鉄楽レトラ」というコミックスの見本誌があって、それを読んだら即1冊、店内の喫茶で1巻読んで即2巻。3巻も欲しかったけど、東京に持って帰るのがたいへんなので3巻は東京で買おう。

中学のときバスケをやっていた主人公、自分はうまいと思っていたのにそれほどでもなかった。追い越されてしまった部活の友人をつい怪我させてしまい「死ねばいいのに」とまで言われ不登校に。それ以来他人と関わることを避けてきたけど、高校で出会った少女は、昔自分が変えた少女だった。そして離れていた妹が自分のために戦っていてくれたことを知る。

情けない自分に期待を持っていてくれる人がいる、愛して見守ってくれる人がいることに気づいた主人公は、フラメンコを目指す―――。

え? わけわかんないって? でもそういう話なんだもの。

ギャグじゃないです、青春の光と影です。そして絵が美しいです、少年漫画だけど。




さて今日の晩御飯は再び妹さん作。

左がアスパラをピューレで薄くそいでタマネギと和えたペペロンチーノ風。これすげえおいしかった。

右は妹さんの勤めるカフェのランチ。サーモンを素揚げしてタルタル。



下はじゃがいもとアボガドとえびのレモンあえ。でもこれはちょっと味が苦手で海老しか食べなかった……ごめん



今日の体重は60.6Kgでした。

お嬢様酵素

posted by トレ子 at 11:00| Comment(0) | 日記